株式トレードの成績⑭【道のりの忘備録】

この記事は日々のトレードの記録となります。

ちなみに株式トレードは決して甘い世界ではないので、一夜にして資産が急激に伸びることはないと思います。

しかし記録に残すことにより、慌ててトレードしようとする自分に対して自制が働き少しでも冷静な判断と市場からの学びを得られればと思い、定期的にトレード成績を記事にしていくことにしました。

平時のトレード方針

  • 決算第一主義(予想に対してEPS・売上高・ガイダンスがOKであるか)
  • ポートフォリオは10~15銘柄に絞る→修正:10~30銘柄以内
  • 期待による打診買いをしない【決算を待つ、出てから売り買いを行う】
  • 遅れての追加購入は決算から1.5カ月後くらいまで。

コロナ禍のトレード方針

  • 決算を待たずに短期で売抜けることも考える(バイオ株など)
  • 小型テック(クラウド系)、バイオテック、ディフェンシブの3つに絞る
  • 航空、エネルギー、飲食・レストラン、銀行などの金融セクターは買わない

今回のトレード①:ARPNを売却

ARPN(ブルーエプロン)を売却しました。

理由は決算が悪かったことです。

今回のコロナ騒動では生鮮食品の宅配を行っているブルーエプロンに追い風が吹いていたのですが、その割には思ったよりも業績が伸びなかったのでここはルール通りに売却することにしました。

今回のトレード②:ALXNとREGNを売却

REGNを売却しました。

理由はREGN(リジェネロン)が認可を狙っていたケサブラという薬の治験で良い結果が出ず、認可が降りなったことです。

ただしREGNはまだカクテルセラピーという治療方法の確立も狙っているので、そちらが成功する可能性もあります。

しかし今回はもっと値上がりを期待できると思われるバイオテック株が存在するのでそちらを購入するためにREGN株を売却しました。

ALXN(アレクション・ファーマシューティーカルズ)を売却しました。

理由としてはどうやら抗ウィルス薬の進捗があまり良くないようなので、他のバイオテック銘柄であるGILDやEBSなどを買うことにしました。

今回のトレード③:EBSを新規で購入

EBS(エマージェント・バイオ・ソリューションズ)を買い増ししました。

EBS(エマージェント・バイオ・ソリューションズ)はバイオ関係の工場を持っており、抗ウィルス薬などの大量生産を行うための施設を貸し出すことができます。

米国は今回の新型コロナに対して国を挙げての支援を行っており、JNJ(ジョンソン&ジョンソン)なども抗ウィルス薬の開発に名乗りをあげています。

しかしJNJほどの大企業ですら自前の開発工場を持っておらず、ましてや短期間で大量生産を行うためにはEBSなどの工場を借りる必要があります。

EBSのポジションはこれはいわゆるゴールドラッシュ時にツルハシやGパンを売る形に似ており、博打的な要素の強いワクチン開発においても手堅く利益を手にすることができます。

上記のような理由でワクチン開発など一種のギャンブル要素が強いバイオテック投資の中でEBSのような手堅い企業をポートフォリオの中に加えました。

今回のトレード④:SPXSとLYFTを売却

ヘッジ効果を期待して購入したSPXSを売却しました。

LYFTを売却しました。

コロナ禍だとウィルスに対する恐怖やロックダウンなどによりライドシェアリング事業はなかなか力を発揮でません。

LYFTはいずれ復活するとは思いますが、目先で利益警告を出していたこともあり売却しました。

その代わりにこれかの投資テーマとなっているバイオテック系の株(GILDやMRNA、EBS、BNTX)をそれぞれ厚めに購入しました。

※BNTXは楽天証券で新規購入

今後のトレードの方針

FRBの金融緩和により、バイオテックのみならずGAFAMなどに代表されるテック企業の株かも一気に上昇しています。

ある意味でバブル状態になっているのですが、アメリカの足元の景気は決して良くないです。

小型テック株がどんどん最高値を更新しており、完全にお祭り状態ではありますが、こんな時こそ慌てて高値掴みはしないうように相場に臨みたいと思います。

ホールド銘柄(ポートフォリオ)&数量

  • CRWD 15
  • DG 3
  • DPZ 1
  • EBS 30
  • GILD 30
  • HMY 400
  • KHC 20
  • MRNA 20
  • OKTA 13
  • QDEL 2
  • ROKU 3
  • TEAM 9
  • TTD 1
  • WMT 4
  • WORK 30
  • ZM 24
  • 1357(日経ダブルインバース) 100

保有資産評価(USD): 20,358.16ドル

保有資産評価(JPY) : 2,167,126

資産損益(USD) : +4,012.43 ドル

資産損益 (JPY):+427,123

使用している証券会社:SBI証券 と楽天証券

保有していない注目銘柄 ①ドキュサイン ②ジースケーラー