積立NISAの運用成績と体験談【運用期間:1年6ヵ月目

この記事は自分が行っている積立NISAの経過に関する記事になります。

積立NISAの場合は、長期間に渡って積立・運用することが大前提となっています。

なので、ポートフォリオに関しても長期間の運用に耐えうる金融商品のみで構成しています。

とりあえず当面の目途としては「20年間の運用」を一つの目標として日々の積立を行っていきます。

積立NISAの長期投資方針

  • 余剰資金の10~20%の間で日々の積立を行う。
  • 米国もしくは世界規模での投資信託やインデックスに投資する。
  • 国内株式、新興国の株式、債券関係には投資しない。

積立NISAの成績

  • 日付 2020年6月30日
  • 累積買い付け金額: 578,783
  • 累積損益: -19,906
  • 資産評価額: 558,877

投資ポートフォリオ

  • 使用している証券会社:楽天証券
  • ポートフォリオ銘柄 ①
  • ポートフォリオ①:楽天・全世界株式 Index・F(楽天・バンガード)
  • ポートフォリオ②:楽天・全米株式 Index・F(楽天・バンガード)
  • 比率  ①=35% ②=65%
  • 上記2銘柄で100% (2019年11月から変わりなし)

買い付け方法

  • 買い付け頻度:毎日
  • 買い付け金額:日/1690円

2020年6月の感想&考察

FRBによる怒涛の金融緩和により、アメリカはコロナによる経済失速がありつつもSP500は最高値から2020年3/23日の最安値までの幅で8割近いところまで戻ってきました。

しかし世界経済は依然としてコロナ前とは程遠い状態であり、ここから先は一時的に株価が急落する場面も出てくるかもしれません。

しかし、全世界株式と米国株式のインデックスによる積み立てNISAに関しては変わらずコツコツと行っていきます。