株式トレードの成績㉜【道のりの忘備録】

この記事は日々のトレードの記録となります。

ちなみに株式トレードは決して甘い世界ではないので、一夜にして資産が急激に伸びることはないと思います。

しかし記録に残すことにより、慌ててトレードしようとする自分に対して自制が働き少しでも冷静な判断と市場からの学びを得られればと思い、定期的にトレード成績を記事にしていくことにしました。

平時のトレード方針

  • 決算第一主義(予想に対してEPS・売上高・ガイダンスがOKであるか)
  • ポートフォリオは10~15銘柄に絞る→修正:15~25銘柄以内
  • 期待による打診買いをしない【決算を待つ、出てから売り買いを行う】

コロナ禍のトレード方針

  • 決算を待たずに短期で売り抜けることも考える(バイオ株など)
  • そろそろ航空や金融セクターのバリュー株も検討

今回のトレード①:NKLAを全売却

NKLA(ニコラ)を全売却しました。

理由はCEOであるトレバー・ミルトン氏がセクハラ疑惑で辞任したためです。

アメリカのビジネス社会において経営陣のセクハラ・モラハラ疑惑は致命的になる可能性が高いらしく、今後大きな影響が出るとの予測から株式を売却しました。

ちなみに上記のニュースは水素燃料電池の市場全体およびSPACによる上場企業にも大きな影響を与える可能性が高いとのことです。

今回のトレード②:PLUGを全売却

PLUG(プラグ)を全売却しました。

理由は上記の書いた通りです。

NKLAのCEOの辞任理由が水素燃料電池の市場全体に大きな影響を与える可能性が高いことから全て売却しました。

今回のトレード③:DKNGを全売却

DKNG(ドラフトキングス)を全売却しました。

理由は理由は上記の書いた通りです。

DKNGはSPACによる裏口を使用した上場企業なのですが、今回の件で大きな影響が出る可能性もあることから全部を売却しました。

今後のトレードの方針

BNTXとMRNAは10月中旬あたりまでホールドを継続します。

EBSは決算内容からホールドするかを判断していきます。

9月・10月は相場がギクシャクして、特にハイテク関係の銘柄は一時的に売られるかもしれません。

図らずも3つの銘柄を売却したことでポートフォリオが整理された形ですが、9月と10月は様子見になることが多くなるかもしれません。

ちょこっと市場メモ

SaaS系サブスクリプションモデルの銘柄は意外に強いです。

TSLAのバッテリーデイ直前、CEOのイーロンが電池が不足しているとツイート。

銘柄リクエストについて

最近は米国株の勢いが強く、購入したい優良な銘柄が多いです。

しかしまだ証券会社で扱っていないことも多々あります。

もしSBI証券に口座を持っていてまだ取り扱っていないけど、新規で取り扱ってほしい銘柄がある場合は、下記からリクエストすると取り扱ってもらえるようになるかもしれません。

みんなでアメリカ株式トレードを盛り上げていければと思います。

⇒SBI証券の銘柄リクエストフォームはこちら

ホールド銘柄(ポートフォリオ)&数量

  • BNTX 120
  • APPS 20
  • CRWD 24
  • DOCU 2
  • EBS 130
  • FB 5
  • GILD 20
  • HMY 900
  • IPHI 10
  • LVGO 16
  • MRNA 80
  • OKTA 15
  • POWI 12
  • PS 50
  • TSLA 5
  • U 10
  • RPRX 20
  • VIR 10
  • ZI 20
  • ZM 27

保有資産評価(USD):66,929.52ドル

保有資産評価(JPY) :7,017,560

資産損益(USD) :+17,818.63ドル

資産損益 (JPY):+1,868,283

※上記はSBI証券でのポートフォリオのみの記載になります。別途で少量ですが楽天証券とマネックス証券でも取引を行っています。

使用している証券会社

  • SBI証券 (メイン口座)
  • 楽天証券(サブ1)←iDecoと積み立てNISAで使用
  • マネックス証券(サブ2)

保有していない注目銘柄 

  • RIO(リオテント)
  • デルタ航空(DAL)