イデコ(iDeco)の運用成績と体験談【運用17ヵ月目

この記事は2019年10月から行っているイデコ(iDeco)の運用成績を記載したものです。

決算を頼りとしたトレードとは違いイデコの場合は私的年金という位置づけになります。

老後の資金確保ということで長期運用が前提となりますので、その経過を定期的に記録に残しておきたいという思いから記事を書いています。

これからイデコを始めたい。

実際の運用成績を知りたい。

という人は参考にしていただければと思います。

イデコの成績

日付:2021年3月6日

時価評価額:471,509

投資累計額:385,384

評価損益:+86,125 円

運用利回り:26.84  %

資産タイプ別評価損益

外国株式 65 % 282,019 円+46,356 円
国内外株式35 %150,838 円+23,946 円

投資ポートフォリオ

  • 使用している証券会社:楽天証券
  • 積み立て方法:iDeco(イデコ/確定拠出型年金)
  • ポートフォリオ銘柄【合計2個】
  1. ①楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード) 
  2. ②楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード) 

比率 ①=35% ②=65%

買い付け方法

買い付け頻度:毎月(20日前後)

買い付け金額:月/23000円

2021年2月の感想&考察

2021年2月の株式相場は金利上昇に振り回される展開でした。

長期金利の急激な上昇により、投資家のセンチメントはリスクオフに傾いており、とりわけナスダックに組み込まれている高PERな銘柄が一気に売られている状況です。

比較してダウ銘柄は底堅いです。

3月の第1週目が終わったところですが上記の流れは継続しています。

これから3月も中盤に入っていきますが、この流れは加速するのか。底を打って反転するのか。

どちらになるのかは全く分からないですが、このような難しい相場な時こそ『インデックスによる積み立て投資』をコツコツと継続していることが重要となります。