37歳の体重90kg越え介護士によるダイエット日記【検証・経過報告】⑤

はじめに

この記事は介護士(37才)として夜勤メインで働きながらも減量 & 健康向上により健康体を獲得するために始めた16時間断食の経過報告になります。

下記の数字で見て分かる通り今までは健康管理が疎かになっていました。

なので期待したダイエット効果が出るかはまだ分かりませんが、コツコツと継続していけたらと思っています。

方法と目標

ダイエット方法:16時間断食(1日のうちで食べない時間を連続16時間つくる。)

実践方法:基本的に11時から19時(8時間)の間に一日の食事を全て終わらせる。

どうしても空腹が我慢できない時:少量のナッツを食べる。

目標:6ヵ月で10kg減(90kg ⇒ 80kg)

項目数字(初回:2021/05/17時点)
体重90.7kg
体脂肪率27.6%
内臓脂肪レベル15
骨格筋率31.2%
体年齢53才
基礎代謝1917kcal
BMI29.6

今回の測定結果(2021/06/04)

BMI
体脂肪率
内臓脂肪レベル
骨格筋率
体年齢
基礎代謝

体重
項目数字(2021/06/04時点)
体重88.9kg
体脂肪率28.3%
内臓脂肪レベル15
骨格筋率30.6%
体年齢53才
基礎代謝1880kcal
BMI29.0

実践したことや感想

食べる時間を11時から19時の間に制限しているのですが、食べるもの(食材)はほとんど変化させていません。

外食時には主に中華や和食で定食形式のものを頼むことが多いです。

大戸屋の若殿の炭火焼定食

ご飯は大盛で頼むことが多いです。

また自炊するときは『ふるさと納税』による返礼品の肉とスーパーで買った野菜を組み合わせたりしておかず(野菜炒め)を作ってます。

特にタブーとしている食べ物はありません。

ご飯などの炭水化物も普通に摂っています。

大きな変更点としては、帰宅時間が遅くなってしまう日だと今までは夜食のような感じで23時くらいに食事を摂ってたのですが、それを止めて19時までに夕食を済ませるようにしました。

また今までは小腹が空いた時には、かなりの割合でスナック菓子などを間食していたのですが、その機会もほとんど無くなりました。

今のところ夕食を18時くらいに済ませても寝る時間(0~1時くらい)まで空腹にならずに過ごせています。

あとは朝方(8時から10時くらい)にお腹が空いた時はナッツ(素焼き&クルミ無し)を食べるようにしてみました。

ネットで上記の素焼きナッツ(1kg)を購入して、お腹が空いた時(主に朝方)はパリポリ食べています。

最近視た海外ドラマや映画について

英語の学習ついでにHuluやNetflixを視聴しています。

華麗なるギャツビーが面白かったです。

実は最初の30分過ぎるくらいまでずっと主人公(ギャツビー)が出てこないんですけど、ギャツビーが登場するまでの盛り上げ方、タメ方が上手いです。

もちろん30分焦らされても最後に出てくるのがあのレオナルド・ディカプリオだからこそ、みんな納得するわけですが。

ちなみにベジタリアンでもあるディカプリオは財団を設立していて、あのビヨンドミートにも投資しているらしいです。

昨今は世界的な流れとしてSDGsやESG投資が活発になってきており、肥満大国といわれるアメリカでも大豆肉や植物性ミルク製品に注目が集まりつつある状況みたいですね。

話は変わりますがテニスプレーヤーの大阪なおみ選手の訴えが、それまでのメディアやスポンサーの姿勢を良い意味で変化させてきているのも上記の大きな流れと無関係ではないと感じています。

投資を通して世界の変化や流れを感じ取れるのは一種の快感ですね。