上手にお金を貯めるコツとは?

まず大切なことは『お金が貯まる、貯まらないのと収入が多い、少ないは別もの』です。

と言うのも収入の高いサラリーマンが必ずしもお金持ちになれるとは限りません。

年収が高くても自己破産してしまうサラリーマンは多くいます。

逆に収入が多いとは言えないサラリーマンが絶対にお金を貯められないとも言えません。

実際に年収400万~500万円くらいでも数千万円の資産を築く人はいます。

入るお金と出るお金のバランスが重要

お金を上手に貯めるコツは『支出のコントロール』にあります。

収入が高いサラリーマンでもお金が貯まらない理由の多くは、支出も多いのです。

例えば支出が多い原因の一つに生活水準の高さにあります。

家賃が高く、必要のない保険料の高い生命保険に加入して、高級車などを購入する。

加えて家族・子供もいれば教育費などが掛かります。

気が付くと生活維持のために収入のほぼ全てが消費されてしまう状況が常態化しています。

上記のようにいくら収入が高くても、同じくらい支出が増えてしまうとお金は絶対に貯まりません。

逆に収入が少なくても、それよりも少ない金額に支出を抑えれば絶対にお金は貯まります。

まずは収入の多賀に関わらず、 収入>支出 の状態を作り出せているかが重要になります。

貯蓄額が大きくなれば、急なトラブルにも慌てなくて済む

貯蓄が大きくなっていくと気持ちに余裕が生まれていきます。

昨今では不景気により会社が倒産することも珍しくありません。

しかもそれは突然起こるので、多くの場合は再就職や転職に対して十分な準備ができません。

なので貯蓄が少なければすぐに生活費を稼ぐ必要があるので、やりたくない仕事でも我慢してやる必要があります。

しかし仮に明日リストラされたとしても、ある程度の貯蓄があれば慌てて仕事に就く必要もなくなります。

ある程度の期間をかけて、ゆっくりと条件の良い職場への再就職活動に望むことができます。

資格などを取得して他業種への転職を目指すこともできます。

また時間的な余裕があるので起業などにチャレンジすることもできます。

上記のようにお金は自由の土台となり、急なトラブルから身を守ってくれます。

貯蓄額が大きくなれば、出るお金が多少大きくなっても大丈夫になる

貯まったお金を種銭にして投資を行えば、多少なりとも副収入を得ることができます。

仮に10万円という資産を年利4%で運用すると1年後には4000円のリターンが手に入ります。

100万円を運用するのであれば4万円、1000万円あれば運用リターンは40万円にもなります。

仮に1年で40万円(月:33333円)の副収入があれば生活にも大きな余裕が生まれます。

そのお金で携帯電話や通信費、食費などもある程度補うことができます。

そして浮いた分だけ趣味や旅行、学習などにお金を使うことができます。

お金は自由の土台になります。

しかし短期で大きくお金を増やすのは難しいです。

投資でも短期で大きなリターンを狙えば、その分だけ失うリスクも高まります。

また投資手法なども複雑で再現性が低い場合も多く、万人が行える方法ではない事がほとんどです。

でも長期投資で年利6~7%くらいのリターンを期待してコツコツと資産を増やしていくことは誰にでも再現性高く行うことができます。

加えて投資は長期で継続することにより、福利の力を使って自分の金融資産を大きく増やしてくれます。

適切な投資を行えば、収入を銀行口座に貯金するだけに比べて圧倒的に早いスピードで資産が増えます。

一例として、

月5万円づつを積み立て預金した場合は20年間で1200万円になります。

月5万円づつを年利7%で積み立て投資した場合は20年間で2604万6333円になります。

その差額は1404万6333円にもなります。

また積み立て投資した場合は12年7カ月目の時点で運用金額は1205万7800円になります。

単純に積み立て預金するよりも7年以上も早く1200万円に到達します。

上記の例でも分かるように長期投資と福利の力を掛け合わせることは非常にパワフルです。

なので資産形成においては、銀行口座への貯金だけでなく投資運用も同時に行っていくことがおすすめです。

まとめ

  • お金が貯まる、貯まらないのと収入が多い、少ないは別もの。
  • 貯蓄のカギは支出のコントロールにある。
  • 貯蓄額が大きくなれば、急なトラブルにも慌てなくて済む。
  • お金は自由の土台である。
  • 貯蓄額が大きくなれば、出るお金が多少大きくなっても大丈夫になる。
  • 投資を行えば、多少なりとも副収入を得ることができる。
  • 投資による資産運用も同時に行うのがおすすめ。