37歳の体重90kg越え介護士によるダイエット日記【検証・経過報告】⑮

はじめに

この記事は介護士(37才)として夜勤メインで働きながらも減量 & 健康向上により健康体を獲得するために始めた16時間断食の経過報告になります。

下記の数字(2021年5月17日)で見て分かる通り今までは健康管理が疎かになっていました。

金融資産への投資だけでなくダイエットによる体質改善も立派な人的資本への投資。

なので期待したダイエット効果が出るかはまだ分かりませんが、コツコツと継続していけたらと思っています。

方法と目標

ダイエット方法:16時間断食(1日のうちで食べない時間を連続16時間つくる。)

実践方法:基本的に11時から19時(8時間)の間に一日の食事を全て終わらせる。

どうしても空腹が我慢できない時:少量のナッツを食べる。

目標:6ヵ月で10kg減(90kg ⇒ 80kg)

項目2021/05/172021/06/18
体重90.7kg88.4kg
体脂肪率27.6%26.8%
内臓脂肪レベル1514
骨格筋率31.2%31.8%
体年齢53才52才
基礎代謝1917kcal1887kcal
BMI29.628.9

5月(5/17)の時と比べて体重は-2.3kg、体脂肪率は-0.5%、内臓脂肪レベルは-1才、骨格筋率は+0.6%、体年齢は-1才、基礎代謝は-30kcal、BMIは-0.7でした。

今回の測定結果(2021/07/12)

BMI
体脂肪率
内臓脂肪レベル
骨格筋率
体年齢
基礎代謝

体重
項目数字(2021/07/12時点)
体重87.3kg
体脂肪率26.0%
内臓脂肪レベル14
骨格筋率32.6%
体年齢50才
基礎代謝1877kcal
BMI28.5

実践したことや感想

食べる時間を11時から19時の間に制限しているのですが、食べるもの(食材)はほとんど変化させていません。

外食時には主に中華や和食屋さんで定食形式のものを頼むことが多いです。

大戸屋のチキン南蛮定食

ご飯は大盛で頼むことが多いです。

おかわりすることは減りました。

また自炊するときは『ふるさと納税』による返礼品の肉とスーパーで買った野菜を組み合わせたりしておかず(野菜炒め)を作ってます。

特にタブーとしている食べ物はありませんが、最近は『菓子パン』を食べることを控えるようになりました。

でもご飯などの炭水化物は普通に摂っています。

大きな変更点としては、帰宅時間が遅くなってしまう日だと今までは夜食のような感じで23時くらいに食事を摂ってたのですが、それを止めて19時までに夕食を済ませるようにしました。

また今までは小腹が空いた時には、かなりの割合でスナック菓子などを間食していたのですが、その機会もほとんど無くなりました。

主な変化としては、

  • 菓子パンを食べなくなった。
  • スナック菓子やチョコなどの間食をしなくなった
  • ご飯(白米)の食べる量が20~30%くらい減った。おかわりをしなくなった。

上記の3点です。

今のところ夕食を18時くらいに済ませても寝る時間(0~1時くらい)まで空腹にならずに過ごせています。

あとは朝方(8時から10時くらい)にお腹が空いた時はナッツ(素焼き&クルミ無し)を食べるようにしてみました。

ネットで上記の素焼きナッツ(1kg)を購入して、お腹が空いた時(主に朝方)はパリポリ食べています。

最近視た海外ドラマや映画・書籍について

大原扁理氏(著)の『年収90万円で東京ハッピーライフ』を読みました。

東京都の郊外で週休5日で生活するアラサー男性の生活に密着した本です。

こういった生き方があるという事を知れるだけでも、サイドFIREを目指す身としてはとても有意義な本でした。

ちなみに人間が現代を生きていく上で土台となっている要素が3つあります。

具体的には『人的資本』と『金融資本』と『社会資本』の3つ。

  • 人的資本は健康や知識、語学などの社会スキル。
  • 金融資本は貯金や株式、不動産などの金融資産。
  • 社会資本は主に家族や友達、仕事仲間などの人間関係。

上記の3つの資本をベースとしているのですが、これらに人生の限られた時間をどのように振り分けていくのかは人によって違います。

人生において何を大切にするのか。

優先順位で上に来るものは何か。

やりたいこと、やりたくないこと。

それらによって振り分け方、配分量が違ってくるのです。

著者は金融資本を必要最低限のサイズにして、残りの2つ(人的資本と社会資本)の形成に時間を振り分けてます。

その中でもとりわけ重視しているのが人的資本だと感じます。

それは重要なのですが現代人がどうしても過小評価してしまいがちな資本です。

特にいまの自分にとっては睡眠や休息、食事などの健康面で参考になる部分が沢山ありました。

というのも金融資本を増やそうとすると、どうしても人的資本(特に健康)をないがしろにする事が多いです。

もっと働けば、もっとお金が稼げるので、もっと投資にお金を回せる。

だから睡眠時間、休息時間、食事の時間を削ってでも・・・という状況になってしまうのです。

しかし健康面でもちょうど良いバランスが保てなければ、長期的な資産形成を継続をできないですし、後の代償も大きくなります。

最近はそういったことを考えながら日々の仕事や投資を行っていました。

この本の著者のように週休5日まではいかなくても、自分の働く環境や習慣を見直すきっかけになる本でした。