37歳の体重90kg越え介護士によるダイエット日記【検証・経過報告】⑰

はじめに

この記事は介護士(37才)として夜勤メインで働きながらも減量 & 健康向上により健康体を獲得するために始めた16時間断食の経過報告になります。

下記の数字(2021年5月17日)で見て分かる通り今までは健康管理が疎かになっていました。

金融資産への投資だけでなくダイエットによる体質改善も立派な人的資本への投資。

なので期待したダイエット効果が出るかはまだ分かりませんが、コツコツと継続していけたらと思っています。

方法と目標

ダイエット方法:16時間断食(1日のうちで食べない時間を連続16時間つくる。)

実践方法:基本的に11時から19時(8時間)の間に一日の食事を全て終わらせる。

どうしても空腹が我慢できない時:少量のナッツを食べる。

目標:6ヵ月で10kg減(90kg ⇒ 80kg)

項目2021/05/172021/06/182021/07/16
体重90.7kg88.4kg86.2kg
体脂肪率27.6%26.8%26.6%
内臓脂肪レベル151414
骨格筋率31.2%31.8%32.0%
体年齢53才52才50才
基礎代謝1917kcal1887kcal1854kcal
BMI29.628.928.1

( )・・・5月(5/17)の時と比べての変化数

5月(5/17)の時と比べて体重は-2.3kg、体脂肪率は-0.8%、内臓脂肪レベルは-1才、骨格筋率は+0.6%、体年齢は-1才、基礎代謝は-30kcal、BMIは-0.7でした。

6月(6/18)の時と比べて体重は-2.2kg(-4.5kg)、体脂肪率は-0.2%(-1.0)、内臓脂肪レベルは 変化なし(-1才)、骨格筋率は+0.2%(+0.8%)、体年齢は-2才(-3才)、基礎代謝は-33kcal(-63kcal)、BMIは-0.8(-1.5)でした。

今回の測定結果(2021/07/23)

BMI
体脂肪率
内臓脂肪レベル
骨格筋率
体年齢
基礎代謝

体重
項目数字(2021/07/23時点)
体重85.9kg
体脂肪率26.1%
内臓脂肪レベル13
骨格筋率32.3%
体年齢50才
基礎代謝1853kcal
BMI28.0

実践したことや感想

食べる時間を11時から19時の間に制限しているのですが、食べるもの(食材)はほとんど変化させていません。

外食時には主に中華や和食屋さんで定食形式のものを頼むことが多いです。

大戸屋のチキン南蛮定食

ご飯は大盛で頼むことが多いです。

おかわりすることは減りました。

また自炊するときは『ふるさと納税』による返礼品の肉とスーパーで買った野菜を組み合わせたりしておかず(野菜炒め)を作ってます。

特にタブーとしている食べ物はありませんが、最近は『菓子パン』を食べることを控えるようになりました。

でもご飯などの炭水化物は普通に摂っています。

大きな変更点としては、帰宅時間が遅くなってしまう日だと今までは夜食のような感じで23時くらいに食事を摂ってたのですが、それを止めて19時までに夕食を済ませるようにしました。

また今までは小腹が空いた時には、かなりの割合でスナック菓子などを間食していたのですが、その機会もほとんど無くなりました。

主な変化としては、

  • 菓子パンを食べなくなった。
  • スナック菓子やチョコなどの間食をしなくなった
  • ご飯(白米)の食べる量が20~30%くらい減った。おかわりをしなくなった。

上記の3点です。

今のところ夕食を18時くらいに済ませても寝る時間(0~1時くらい)まで空腹にならずに過ごせています。

あとは朝方(8時から10時くらい)にお腹が空いた時はナッツ(素焼き&クルミ無し)を食べるようにしてみました。

ネットで上記の素焼きナッツ(1kg)を購入して、お腹が空いた時(主に朝方)はパリポリ食べています。

最近視た海外ドラマや映画・書籍について

Netflixで『ウォーキング・デッド』を視聴しました。

すでに10シーズン目を迎えている長期ドラマです。

このドラマではそのシーズン、そのシーズンで主役となるキャラクターが変わっていきます。

最新のシーズンではニーガンという元悪役のキャラが主役でした。

過去に悪役として登場したニーガン。

なぜ、そうなったのか。

何が彼の生き方に影響を与えていったのか。

人間の性格や考え方には過去の経験や環境が影響しているのですが、このドラマではそのストーリーを振り返ることが多いです。

今の状況を見ているだけでは、なぜそうなったのかを理解するのは難しいです。

ニーガンが登場したときは非常に恐ろしいキャラクターでした。

シーズン10だけを視た人には、過去のニーガンの姿をなかなか想像つかないかもしれません。

投資にも言えることですが、今の株価の上げ下げを見ているだけでは、買うべきなのかどうかは判断がつきません。

将来の株価が上がるか、下がるかを判断するには過去からの定点観測が重要になります。

定点観測の主となるのは四半期決算の良し悪しです。

それによって今この企業は上がり調子のなか。

それとも業績が下がっているのかも把握することができます。

そして将来の見通しにもある程度は予測を立てることができます。

人間も同じで過去だけに捕らわれて偏見を持つのは非常に危険ですが、それまでの経験もしっかりと考慮・分析して将来へ繋げていくことが重要だと感じます。