ZIは決算クリア,SQはAfter Payを買収【米国株】

ZI(ズームインフォ)とSQ(スクエア)が2021年8月2日に決算を発表しました。

以下は決算の実績とコンセンサスになります。

ZI(2021Q2)の決算結果

2021Q22021Q3通年
予想($)EPS0.120.120.5
実積($)EPS0.140.11~0.12(0.115)0.50~0.51(0.515)
予想($)売上高162.34M172.74M676.51M
実積($)売上高174.0M(+57%)182M~184M(183M)703M~707M(705M)

EPSは、予想 0.12$ に対して結果は 0.14$ でした。

売上高は、予想 162.3M $ に対して結果 174.0M $ でした。

前年同期比の売上高成長率は+57%でした。

ガイダンス(2021Q3 と通年)はともに予想を上回りました。

結果:EPSはクリア、売上高はクリア、ガイダンスはクリア

【営業利益マージンと営業キャッシュフローの比較】

今期($)前年同期($)
Adjusted Operating Income Margin43%49%
Cash Flow from Operating Activities88.6M(+76%)50.35M
Unearned revenue, current portion274.1M221.3M
Total Unearned Revenue276.0M222.7M
Current remaining performance obligations505.2M432.2M
Total remaining performance obligations648.1M559.0M

Operating Income Margin は前年同期から-6%でしたが、他はすべて順調に伸びていることが分かります。


SQ(2021Q2)の決算結果

予想($)EPS0.3
実積($)EPS0.66
予想($)売上高4.99B
実積($)売上高4.68B(+143%)

EPSは、予想 0.3$ に対して結果は 0.66$ でした。

売上高は、予想 4.99B $ に対して結果 4.68B $ でした。

前年同期比の売上高成長率は+143%でした。

結果:EPSはクリア、売上高は未達でした。

なお、今回の売上高が予想をショートした背景にはスクエアキャッシュで取り扱っているBTC売上高の減少が影響していると思われます。

【売上高の内訳】

total revenue4.68B
Excluding bitcoin, total net revenue1.96B
bitcoin revenu2.72B

総売り上げ(total revenue)の7割近くをビットコイン売上高が占めているので、ビットコインの取引量の増減が非常に影響することが分かります。

またSQはAfter Payという「後払いサービス」(バイ・ナウ、ペイ・レター)を取り扱っている企業の買収を発表しています。